2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« エコドライブの多寡 | トップページ | 「フィッシュソーセージは苦手なの、ワルツ」 »

2006年6月25日 (日)

「雨が空から降れば」

「雨が空から降れば」という曲を知ったのは、雑誌「guts」の記事だったと思う。当時(中3?)、シンガーソングライターを目指して、曲作りに励んでいた私は、当然日本語をメロディに乗せるという課題に挑戦していて、そのテキストとなったものである。
 小室等さんは、教会で賛美歌を歌っていて、日本語訳のアクセントと曲とが合っていないことに気づき、そこを解決しないと日本語の歌としてはおかしいと、ものすごく真面目に考えたらしい。
 で、その実践として、この別役実さんの詩による「雨が空から降れば」が生まれた。という記憶が私にある。

「雨が空から降れば オモイデは地面にしみこむ」

 いまでも、雨の日にはこの歌が、どこからともなく湧いてきて、ふと口ずさむ。確かにちょっと五線譜をオタマジャクシが泳ぐのが見えそうな、ぎこちないメロディであるが、そのギクシャク感が、60年代という時代を感じさせると同時に、不変(不偏)のものでもあるな、と。

「気分は歌謡曲」で、近田春夫が、日本で譜面を感じさせない作曲家として、よしだたくろうを挙げていた。と思う。もうひとりは思い出せない。
 そして、自殺するのが若者だけではなくなって、逆に今も新しい井上陽水の「傘がない」。行かなくちゃ、って思うとき「行かな~くちゃ」って、あのメロディが出てくるんですよね。って、誰かが昔書いていたなあ。「もう~すぐ~だね~」とか、自然すぎて笑っちゃいます。
 先日FMで、どこかのばかオンナが、傘がなくったって行けー、とか言ってたが、まあ発表当時の状況を知らない世代に、文句言っても始まらないし、そんな陽水自身が結構、攻撃の対象だったような時代だったし。そして、UAのカバー「傘がない」には、彼女らしさはあっても、歌としての迫力はまったくありません。

「雨がシトシト降れば オモイデもシトシトにじむ」
 
 雨の日の追想は切りがありませんので、この辺で...

« エコドライブの多寡 | トップページ | 「フィッシュソーセージは苦手なの、ワルツ」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

及川恒平やね。歌わせたら。小室はなんとも音程がずれる。

揚水は相変わらず世渡り上手。

今は無き県立図書館ホールでの思い出。。。

そう言えばこの前出てきたなぁ。当時のガリ版すりのポスター。多分及川も出演だったやつ。何とも懐かしい思いがしました。

いや、あの微妙にずれるところが
味わいなんですけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/10668766

この記事へのトラックバック一覧です: 「雨が空から降れば」:

« エコドライブの多寡 | トップページ | 「フィッシュソーセージは苦手なの、ワルツ」 »