2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« あれは、ロックな春だった? | トップページ | SECRET DESIRES~メルの野望 »

2006年4月12日 (水)

恋を抱きしめよう

 Life is very short, and there's no turrr......nn

 これは、ビートルズの「恋を抱きしめよう」のサビの部分です。こんな格言みたいな歌詞が、ある種の切なさを持って、私たちのハートに響いたというのも、そういう時代だったんでしょうね。

 私が初めて買ったビートルズのLPは『オールディーズ』だったと思う。いま考えれば、ああいうベストヒット物が、普通に発表されていた、当時のビートルズは、特に歴史的に重要なグループだと認識されていたわけではなく、ヒットを連発するただの売れっ子バンドに過ぎなかったということだろう。

 ジャケットのイラストも「平凡パンチ」的で爽やかなアルバム。裏面はリハーサル中みたいな彼らの写真だったと思う。この曲は、収録曲のひとつ。ちょっとルネサンス音楽みたいなアレンジが魅力だった。

 それはそうと、最近、「人生短い」って、よく思う。そんなに切実に、ではないが、あんまり色んなことは出来そうもないという気がする。まだまだ、捨てたものじゃないとは思うが、そろそろ経営資源を集中投資すべき時なのかもしれない、なんてね。

« あれは、ロックな春だった? | トップページ | SECRET DESIRES~メルの野望 »

晴れた日には永遠が見える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/9557578

この記事へのトラックバック一覧です: 恋を抱きしめよう:

« あれは、ロックな春だった? | トップページ | SECRET DESIRES~メルの野望 »