2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« ランドセルは海を越えて | トップページ | あれは、ロックな春だった? »

2006年4月 6日 (木)

ジェンダー・フリー as a bird

 熊本日日新聞夕刊に「スポーツと健康」を連載中の東大大学院教授の武藤芳照さんの文章は、映画や音楽からの引用があったりして、楽しくてためになるコラムだと思っていたのだが、第466回で、ジェンダー・フリーについての言及があり、ああこの人はこの程度の人なのか、と淋しい思いがした。

 ジェンダーフリーの正確な概念は知らないが、おそらく「男の子が男らしく育ち、女の子が女らしく育つとともに、お互いの違いを尊重、理解し合い、手を結び合うことこそが大切だ」と、氏が書いていることは、おそらく基本的にはジェンダーフリーの根底にある思想に他ならないと思う。ただ、氏は美辞麗句で教育を語る危うさに、お気づきでないようである。

 男の子の「男らしい」、また女の子の「女らしい」を決めつけることに問題はないのだろうか。

 また、ジェンダー・フリーを、「男の子と女の子の境界をあまねくなくすのがよい」とする人がいたら、その人は大きな勘違いの人であって、ジェンダー・フリーの理解者ではない、と私は考える。

« ランドセルは海を越えて | トップページ | あれは、ロックな春だった? »

リビング・イン・くまもと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/9465486

この記事へのトラックバック一覧です: ジェンダー・フリー as a bird:

« ランドセルは海を越えて | トップページ | あれは、ロックな春だった? »