2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« Voice Squad②~6/23/1995・k278 | トップページ | Voice Squad④~6/25/1995・k280 »

2005年3月21日 (月)

Voice Squad③~6/24/1995・k279

 ところで、最近耳につく言いまわしに「~じゃないですかァ」というのがあって、これ気になりだしたら、本当に気になるもので、自分で使ってしまっていることに気がつくと、なお一層、何かやばいみたいな気になってくるじゃない~?
 他人に同意を求める言いまわし、そこにはある種の共犯関係が存在していると思う。

 話は飛ぶが、熊本弁(あるいは九州域)では、「好き=好いとる、好きと」という言い方はあるが、面と向かって「嫌い」というのがなくて、どうしても「好かん」になってしまう。

 これも困ったもので、以前ずいぶん考えたが、「嫌い」というとどうも借りものっぽくて、「好かん」と言うときの実感が伴わなくて、そういうとき、私は心の中で、「デーッ嫌い」と、江戸っ子になってしまっているでござんす。

 で、この「ござんす」とか「ござす」とかいう言い方は、もともと熊本地方にもあった言いまわしで、私の祖母も「元気で御座ったか」とか「よござンした」とか言ってたみたいな記憶があるなー。

 さて、私は、小学生から中学生のころ、いや、高校生くらいまでか、「とてもすごい」という副詞を、「たいが」「とてんが」「きゃんぎゃ」「たいぎゃ」とか、色々使い分けていたのだが、今年小学校に入ったわが息子は、「チャーゴ」と言っている。

 その前は、多分そういった意味で、「マジ」とか「マシ」とか言っていたのだが、クラスにブラジルから来た少年がいるので、ポルトガル語の流れを汲んでいるのかもしれない。

Then and Now:早いもので、当時小1に上がったばかりだった長男も、高校生。まじ「ヤバイ」という言葉を、「すごい」という表現に用いる。「なってくるじゃない~」と表記しているのは、当時のままです。つまり、ギター侍のルーツは、やはり熊本にあったのだ。と力説はしません。言語学的に、偶然というのは多々あります。

« Voice Squad②~6/23/1995・k278 | トップページ | Voice Squad④~6/25/1995・k280 »

晴れた日には永遠が見える」カテゴリの記事

コメント

「九州でもauは元気です」というKDDIのCMでは、熊本の若者が「だご」という強調語を使用している。
私見だが、「まうごつ」が、ここまで変化したものだと思われる。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/6634764

この記事へのトラックバック一覧です: Voice Squad③~6/24/1995・k279:

« Voice Squad②~6/23/1995・k278 | トップページ | Voice Squad④~6/25/1995・k280 »