2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 地下世界のダンディ~10/11/2004・k274 | トップページ | 「つまらない」と言いつつ、いつも見るテレビ~12/7/2002・k276 »

2005年2月12日 (土)

週刊クンタキンヤ~1/5/2003・k275

 小学5年の二男と、車で買物に出かけた。新しく売り出された、だだっ広い分譲地の外れで「ボク、こういう所とおると、なんかセツナクなるったいねー」と息子が言う。

「セツナイってどういう意味かわかっとると?」「さびしいとか、かなしいとか...」と息子。確かに他の言葉では言いがたい。

私は「何かが失なわれて、取り返せない、どうしようもないって感じ、もあるかな」と言った。あとで思い出すことがあれば、今日みたいな日ってことか。

Then and Now : 熊本日日新聞「ブランコ」に投稿したのだったと思う。いま読み返して、そのとき襲われた切なさに行き着くことはない。中学生の二男の実存の方が、刺激的だからだ。でも、人生においての「いい日」だったことは、これを読んだ他の人の方が、感じ取れるものかもしれない。
蛇足だが、女性と男性では、「せつなさ」のニュアンスに違いがあるらしい。また、だだっ広い分譲地とは、先の見通しのなかった頃の、光の森です。

« 地下世界のダンディ~10/11/2004・k274 | トップページ | 「つまらない」と言いつつ、いつも見るテレビ~12/7/2002・k276 »

晴れた日には永遠が見える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/6634759

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊クンタキンヤ~1/5/2003・k275:

« 地下世界のダンディ~10/11/2004・k274 | トップページ | 「つまらない」と言いつつ、いつも見るテレビ~12/7/2002・k276 »