2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 厚生労働行政モニター報告書~9/9/2002・k234 | トップページ | 私の「東京」は~7/13/2002・k236 »

2004年11月23日 (火)

『黄泉がえり』あれこれ~9/14/2002・k235

 かねてより噂には聞いていた、梶尾真治さんの小説『黄泉がえり』が、いよいよ映画化されるとのこと、熊本人としては、まずはうれしい限りです。

 SMAPの草彅剛、竹内結子主演で、1月下旬の公開とは、ずいぶん遠慮した上映スケジュールだとは思いますが、ローカル色がどこまで出てくるか、期待と不安が半々です。
 地方性とあか抜けなさが同義だと思い込んでいる制作者だと、中途半端でつまらない作品を作る可能性が大きいからです。

 ひょっとしたら、熊本が舞台にならないということも考えられます。この件に関しては、熊本県のホームページの「知事への提言」に、県としても映画会社に早いうちから働きかけて、フィルム・コミッション的な動きをすべきではないでしょうかと、提案していたのですが、いかがだったでしょうか。

 とはいえ、たとえば宮本武蔵が武蔵塚で黄泉がえったりしたら、大河ドラマとの関係で、絶好のタイミングだなとか、生き返った人たちの住民票問題と、住民基本台帳ネットワークを絡めれば、スパイスの効いた仕上がりになるかもしれないとか、想像しながら公開を待つ日々を楽しく過ごしたいと思っています。

Then and Now : 熊本日日新聞「読者のひろば」不採用。当時、あの映画があれほどのヒットになるとは思いもしなかった。個人的に、メールで遠方の友人に、鑑賞を呼びかけたり、ことあるごとに(見ないうちから)プロパガンダに励んだものです。いま思うと、それやこれやが懐かしい。
 映画では、県職員という案内役が配されたことで、国と県をつなぐという意味から、この映画のローカルだが、全国に通じるという立ち位置が明確になったと思う。
 プロデュース・チームは、ありきたりになりがちなテーマを、とことん分析し、発展させることによって、非凡な感動と共感を呼ぶことに成功した。

« 厚生労働行政モニター報告書~9/9/2002・k234 | トップページ | 私の「東京」は~7/13/2002・k236 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/6634695

この記事へのトラックバック一覧です: 『黄泉がえり』あれこれ~9/14/2002・k235:

« 厚生労働行政モニター報告書~9/9/2002・k234 | トップページ | 私の「東京」は~7/13/2002・k236 »