2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 介護保険の住宅改修について~11/10/2002・k230 | トップページ | 学校を育てる~8/27/2001・k232                                »

2004年11月16日 (火)

静かな映画『メッセージ・イン・ア・ボトル』~8/15/2001・k231

ケビン・コスナーは、いわゆるハンサムな男優の宿命を背負っている。一部の熱狂的な女性ファンは別として、男性からはヤキモチ混じりで、悪口言われるし、女性の中でも全然だめという人も多いだろう。

 だから、普通にがんばっても「いいとこどり」してるように見られたり、「やっぱ、大根だな」という評価しか得られない。可哀想に。

 でもこの映画の見所は少し違うところにある。ケビン・コスナーの父を演じるポール・ニューマンのチャーミングなこと。本当はもっと目立つこともできるのに、息子をあくまで主役に持ってこようという控えめな態度。

 アメリカ映画の伝統である「父と子」の葛藤が、俗っぽさとギリギリの線で描かれた静かな映画だ。

 ポリスのヒット曲「メッセージ・イン・ア・ボトル」は出てこないが、救いを求める孤独な魂が癒されるという意味では近いかも。

Then and Now : コスナー氏は、1956年か55年生まれ、つまり私たちと同級生なのだ。ブルース・ウィリスもそう。髪の毛では勝ってると思っていたが、自分の額が思っていたより後退していることに、最近気づいた私。熊本日日新聞「私にも言わせて」不採用。これでは、いったいどういう映画だったのか、書いた本人もわからない。ビデオで見たことだけは確かです。

« 介護保険の住宅改修について~11/10/2002・k230 | トップページ | 学校を育てる~8/27/2001・k232                                »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/6634688

この記事へのトラックバック一覧です: 静かな映画『メッセージ・イン・ア・ボトル』~8/15/2001・k231:

« 介護保険の住宅改修について~11/10/2002・k230 | トップページ | 学校を育てる~8/27/2001・k232                                »