2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« ごみの持ち込み、あとは野となれ~5/7/2002・k216 | トップページ | 運転免許の「免許」の意味~11/25/2002・k218 »

2004年10月13日 (水)

私の好きな監督 神代辰巳~?/?/2002・k217

■佐賀県出身の、真の意味での女性映画の名手
 神代辰巳の名前を知ったのは『青春の蹉跌』(74年)を見たときだ。主演は萩原健一、桃井かおり。野心に燃える無名の青年が社会的に成功しかけるものの、自滅するパターンは、アラン・ドロンの映画にもよくあった。

 時代の雰囲気は映画に投影されるもので、今思うと同じく萩原と田中邦衛主演の『アフリカの光』にしても、行き場のなさ、救いようのなさが当時の状況(オイルショック後の不況)と、映画界の不振が表れていたのかもしれない。また、ベトナム戦争をやっていたアメリカのニューシネマの影響も大きいと思う。

『赫い髪の女』は石橋蓮司と宮下順子主演の日活ロマンポルノだが、すっかり日本映画の古典になってしまった。もともと名監督は、いかに女性を美しく、あるいは力強く描くかというところで評価されてきたが、男性の視点・立場を超えた人は少なかったように思う。

 そういう意味で、神代は女性に寄りそい、女性の側から女性を描いた初めての監督ではないか。それは、『悶絶どんでん返し』という作品で描かれるゲイが、コミカルではあっても、偏見は感じられないところにも通じる。

 私が残念に思うのは『宵待草』がヒットしなかったことである。大正ロマンとスケールの大きい冒険談が合わさった長谷川和彦の脚本だったが、配役が地味だったのか。そして邦画の流れは変わり損ねたのだ。

Then and Now : 守田さんの編集する「シネマレビュー」に掲載してもらったのだが、該当号が見つからない。どれも、遥かな昔に見た作品ばかりなので、記憶に残るイメージだけで書いた文章です。すみません。でも伝えたいことはわかってもらえると思います。
 ちなみに、『宵待草』の音楽は、細野晴臣さんが担当してます。

« ごみの持ち込み、あとは野となれ~5/7/2002・k216 | トップページ | 運転免許の「免許」の意味~11/25/2002・k218 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/6634668

この記事へのトラックバック一覧です: 私の好きな監督 神代辰巳~?/?/2002・k217:

« ごみの持ち込み、あとは野となれ~5/7/2002・k216 | トップページ | 運転免許の「免許」の意味~11/25/2002・k218 »