2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 「週刊クンタキンヤ」~3/13/2001・k167 | トップページ | 「週刊クンタキンヤ」ガゼット版②~4/13/2001・k169 »

2004年8月10日 (火)

『子どものための哲学対話』~?/?/2001?・k168

「へ理屈を言うな」「言い訳をするな」。これらは、子どもが言葉で親のいい加減さを突いてきたときに、親が発する自己防御の常套句である。

 子どもは、そんな親の言い逃れを真剣勝負で打ち負かそうとするんだが、いかんせん貧弱な語彙(ボキャブラリー)しか持たないので、親の恩着せがましい態度にやり込められることが多い。できることなら、お互い、手を出すことなく、とことん理詰めで主張を戦わせたい。

 この本は、そんな戦術を説いたものではない。猫のペネトレと「ぼく」の禅問答のような哲学対話だ。しかし、使える。表現としては矛盾しているが「理屈ぬき」に、子どもに「ぼく」をやらせ、親のあなたが「ペネトレ」を演じて、この本を音読してみることをお薦めします。
 言葉の限界を超えて、想像力の翼を広げる子どもを発見するのは実にうれしい。

   『子どものための哲学対話』
      永井均著 講談社刊 1000円

Then and Now : 隈本日日新聞「私の3つ星」不採用。良く書けていると自分では思っていたんだが、掲載されるとは限らない。しかし、何度も書くように、これでめげてはいけないのだ。
 ところで、哲学対話を実際、わが家でやってみたのだが、息子(二男)はちょこっとしかつきあってくれなかった。親の理想と、現実はかくも隔たるものだ。機嫌を見て、もう一度トライすべきだったかな。

« 「週刊クンタキンヤ」~3/13/2001・k167 | トップページ | 「週刊クンタキンヤ」ガゼット版②~4/13/2001・k169 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/6634597

この記事へのトラックバック一覧です: 『子どものための哲学対話』~?/?/2001?・k168:

« 「週刊クンタキンヤ」~3/13/2001・k167 | トップページ | 「週刊クンタキンヤ」ガゼット版②~4/13/2001・k169 »