2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 「週刊クンタキンヤ」ガゼット版①~4/13/2001・k170 | トップページ | わたしたちの家ではなく~映画『みんなのいえ』6/13/2001・k172 »

2004年8月10日 (火)

ドゥ・ユ・リメンバ・ミ~1/27/2001・k171

 現在、九州大学で心理学の教授をなさっている北山修氏が、NHKラジオ第二放送で「文化の深層心理学」という講座を開いている。

 氏のお喋りのうまさは、フォーク・クルセイダーズのライブ・アルバムで、ほとんど暗記するくらい聞いていたので、変わらぬ名調子に月日の流れを忘れそうになるが、反面、半分冗談に思えてしまうところがあったりして、難点と言えなくもないが。

 片や、同じフォークルのメンバーでもあった加藤和彦氏は、シティーFMの「スタイリッシュ・カフェ」という番組で進行役をやっている。

 氏が作曲して岡崎友紀が歌ってヒットした「ドゥ・ユー・リメンバー・ミー」がTVドラマ「カバチタレ!」のエンディング曲として使われているのも、どこか巡り合せという感じがして、私の中学時代のアイドルだったお二人のことを思うと、良き思い出と共に、今を生きられることの幸せをしみじみ、かみしめられる、と日記には書いておこう。

Then and Now : 熊本日日新聞「私にも言わせて」不採用。「ロック画報」という雑誌の最新号は、フォークル特集である。マニアにとって、さほど珍しいことが書かれているというわけではなかったが、久しぶりに記憶を新たにして、懐かしさに没頭してしまった。
 あの頃は、何をやっても新しかったのだ。また何を聞いても新しかった、と言えるのかもしれない。

« 「週刊クンタキンヤ」ガゼット版①~4/13/2001・k170 | トップページ | わたしたちの家ではなく~映画『みんなのいえ』6/13/2001・k172 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/6634601

この記事へのトラックバック一覧です: ドゥ・ユ・リメンバ・ミ~1/27/2001・k171:

« 「週刊クンタキンヤ」ガゼット版①~4/13/2001・k170 | トップページ | わたしたちの家ではなく~映画『みんなのいえ』6/13/2001・k172 »