2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 交通法規の存在意義~9/7/2000・k131 | トップページ | 映画『キッド』~ブルースはお好き?  10/24/2000・k133 »

2004年7月 5日 (月)

映画『ちんちろまい』~10?/?/2000・k132

 いい歌詞、いい曲なんだけど、安っぽい音だなあ、やっぱり予算のせいかなと感じていたんだが、音楽担当が加藤和彦だということをクレジットで知り、私はすべてを許しました。

 よくぞ、こんな痛快だけど、まずヒットは望めないような映画を作ってくれました。景気低迷でサエない世の中といえど、博多にはまだ、ささやかだけどお金も人も勇気(というか、単にお調子者か)もあったようです。

 だいたい、映画で福岡県をアピールしようという発想が単純なら、それをIT革命(森首相より1年は早い)と、ミュージカルと、千葉真一に結びつけてしまう強引さには、奥ゆかしい熊本県民は拒否反応を示すでしょう。

 武田鉄矢の県庁職員という工夫のないキャスティングも、ハリスン・フォードがCIA局員をやるぐらいの必然性が感じられるところが、邦画には珍しいリアリティです。

 この映画は『オースティン・パワーズ』を博多湾に沈め去りました。それも「デラックス」ではなく、「スタンダード」によってだから、す・ご・い。
 食わず嫌いは、とんねるずにまかせて、君たちも見てみんしゃい。

Then and Now : 「シネマレビュー」2000年11月号掲載。「シネマレビュー」というのは、キネコムの守田さんが編集をやっていた、熊本の映画情報のフリーペーパー。光の森に東宝がシネコンを作ることになって、巻き添えを食った形であえなく廃刊しました。この文章、乗りにのってましたね、われながら。

« 交通法規の存在意義~9/7/2000・k131 | トップページ | 映画『キッド』~ブルースはお好き?  10/24/2000・k133 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/6634549

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ちんちろまい』~10?/?/2000・k132:

« 交通法規の存在意義~9/7/2000・k131 | トップページ | 映画『キッド』~ブルースはお好き?  10/24/2000・k133 »