2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 映画は小説の想像力を借り、小説は映画を模倣する~3/20/2000 | トップページ | 村上春樹氏への初めての手紙・Ⅱ~6/25/2000【Ⅰの続き】 »

2004年6月18日 (金)

イエロー・モンキーは、ロックだ~?/?/1999or2000

 今どきロックなんて言葉は、死語にも近いのかもしれないが、イエロー・モンキーは、まぎれもなく「ロック」である。

 注目したのは「球根」という曲を聞いたときだった。悪の華が咲きそうな、おどろおどろしさもあったが、見かけによらず健全な精神が感じられた。また見た目の派手さと裏腹に武骨さがあって、その骨っぽさがロックなのだ。「ボーン・トゥ・ビ・ワイルド」、「ボーン・トゥ・ラン」である。ベスト盤を図書館(!)で借りたら、何と父親のことを歌った曲もあった。J-POPにそんな歌をうたう奴らはいない。

 伝えたい思いがあって、それを表現するのと、耳に心地良い言葉の羅列とでは全然違う。サウンドのかっこ良さと同時に言葉が力強く響くのは、今の時代、ありそうでなかなかない。

 それにボーカルの吉井和哉っていう人は、あがた森魚の世界にも共感できる人らしいことを最近知って、更に驚いた私である。

Then and Now : 近田春夫さんには、大学生のときから、雑誌「POPEYE」連載の「気分は歌謡曲」の影響を受けていたので、こういう文章になってしまう。略してイエモンは、マーク・ボランとT・レックスの影響を受けたバンドらしい。そっくりの曲もある。
 今月号の「ミュージック・マガジン」に写真家ノーマン・シーフの撮ったマーク・ボランとグロリア・ジョーンズ夫妻が接吻しているところのポートレイトが掲載されている。ボランの死の、それほど前ではないと思われる。その写真を見たとき、自分の少年時代が、ほんの少しだけ蘇えり、思わず買ってしまった。
 高2だったか、「週刊プレイボーイ」の投稿欄にボランの死を悼む文章を書き送り、採用された。前に書いたかもしれないが、それが私の投稿人生のスタートである。その文章が今、手元にないのは残念だけど、誰か望む人があれば、国会図書館で閲覧してください。
 熊本日日新聞「私の三つ星」不採用。

« 映画は小説の想像力を借り、小説は映画を模倣する~3/20/2000 | トップページ | 村上春樹氏への初めての手紙・Ⅱ~6/25/2000【Ⅰの続き】 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/6634525

この記事へのトラックバック一覧です: イエロー・モンキーは、ロックだ~?/?/1999or2000:

« 映画は小説の想像力を借り、小説は映画を模倣する~3/20/2000 | トップページ | 村上春樹氏への初めての手紙・Ⅱ~6/25/2000【Ⅰの続き】 »