2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 「週刊クンタキンヤ」5/26/1999 | トップページ | 「週刊クンタキンヤ」7/27/1999 »

2004年5月 8日 (土)

「週刊クンタキンヤ」5/11/1999

シリーズ 責任の取り方
 私は、この3月で43歳になりました。これまでの人生では、数多くの失敗を犯し、主に仕事においてですが、ま、その都度何らかの責任を取って、帳尻を合わせたり、頭を下げたり、口先だけで謝ったりしてきました。
 しかし、この「責任を取る」ことの意味、行動が、私の中では標準化されていなくて、どうもよくわからない。
「どう責任を取ればいいんだ」と心の中で叫んだことの1回や2回、誰にでもあることと思います。

 前置きが長くなるので、ひとまず「今週の責任の取り方①」
   日本長期信用銀行 上原隆元副頭取の自殺が(長銀の粉飾決算に責任を感じてのことだとすれば)責任は、不良債権の発生と処理の先送りの実体を明らかにすることで取ってほしかった。紺谷典子日本証券経済研究所主任研究員の話(熊日新聞5/7朝刊より)~わかりやすいように一部文章を変えました。

Then and Now : 「やるざんす」に出したのだと思う。福田官房長官が辞任したことも一つの責任の取り方かもしれないけど、言われるように他閣僚への波及を自分ひとりの辞任で食い止めるためということであれば、他己責任か。元々投げやりな性格なのかもしれない。喋り方でわかる。
 ところで、このシリーズ、確かこれ1回きりで終わった。あまりに皆さん、頭を下げられるんで、責任の取り方を考えることが、無駄な営みに思えてきたのでした。

« 「週刊クンタキンヤ」5/26/1999 | トップページ | 「週刊クンタキンヤ」7/27/1999 »

週刊クンタキンヤ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/6634477

この記事へのトラックバック一覧です: 「週刊クンタキンヤ」5/11/1999:

« 「週刊クンタキンヤ」5/26/1999 | トップページ | 「週刊クンタキンヤ」7/27/1999 »