2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 「ロックの英詞を読む」1/18/2004 | トップページ | 「週刊クンタキンヤ」9/3/1999 »

2004年5月24日 (月)

TVドラマ「ビューティフル・ライフ」~3/28/2000

「ビューティフル・ライフ」最終回でやっと気づいたこと。
 美容師にとってお客さんは椅子に座っているもの。それで杏子の車椅子、地上100cmの視点に対しても柊二は、ごく自然に腰をかがめ、同じ目の高さで、一緒に物を見ることが出来たのだろう。バリアフリーの考え方から設定された職業だったのかもしれない。

 そして、杏子の死後、死化粧を施す場面や、火葬場のシーンでは、人の死を特別視せず、日常の延長上にあるものとして、さりげなく描いていて素晴らしかったと思う。
 やはりドラマは丹念に作るべきものだという当り前のことが、よくわかった。

Then and Now : 週刊「ザテレビジョン」「ボイス・ボックス」欄に投稿。不採用。この頃になると、ジャニーズ系とモー娘。のために存在する雑誌になっていたので、自分で評価するのも何だが、こういう硬い文章は、私に限らずほとんど載らなくなっていた。それにしても、この「気づき」は、我ながら本当にうれしかった。RKKでは、現在、深夜に再放送をやっているらしい。

« 「ロックの英詞を読む」1/18/2004 | トップページ | 「週刊クンタキンヤ」9/3/1999 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/6634494

この記事へのトラックバック一覧です: TVドラマ「ビューティフル・ライフ」~3/28/2000:

« 「ロックの英詞を読む」1/18/2004 | トップページ | 「週刊クンタキンヤ」9/3/1999 »