2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 「週刊クンタキンヤ」10/4/1999 | トップページ | ローレンス・リー「ワールド・ビュー・トゥデー」~6/18/2000 »

2004年5月27日 (木)

TVドラマ「危険な関係」11?/?/1999

 この秋のドラマはサスペンス物が多いですが、一番かっこいいのは「危険な関係」ではないでしょうか。タイトルはかっこ悪いけど、覚えてもらわなければいけないから仕方がありません。

 飯島直子の女性刑事もリアルでいいけど、少し世帯じみてませんかその点、藤原紀香には迫力があります。ミスター・ミステリアス豊川悦司に体格でも負けてません。
 とりたてて際立った個性の人がいるわけではないんですが、人間関係の糸の張りつめ方に緊張感があって、目が離せなくなるのです。

 そして、ホッとするエンド・ロール。風力発電所が見える風景の中を、藤原+稲垣のコンビが楽しそうにドライブしているシーンは、スタイリッシュです。稲垣吾郎がまた良いんです。トヨエツに対するライバル意識を静かに燃やしながらも、クールに演じています。

 ところで別のドラマで以前見たんですが、藤原紀香って走り方がすごくキマッているんですよ。日本の女優さんにしては。

Then and Now : 平成11年11月25日付熊本日日新聞夕刊「私にも言わせて」掲載。そんなものかもしれないが、このドラマについて、風力発電所以外に思い出すところがない。でも再度見ても、おそらく評価は変わらないであろう。自分が足が遅かったせいか、走りのかっこよさには、敏感です。
 ドイツ映画だったか「ラン・ローラ・ラン」という、女の子が走るだけの映画(と言ったら言い過ぎ)もかなり楽しみにしていて、見てみたら「走る」ことより、選ばれなかったもう一つの別の選択(人生)を描くという試みに優れていたので、感心しました。

« 「週刊クンタキンヤ」10/4/1999 | トップページ | ローレンス・リー「ワールド・ビュー・トゥデー」~6/18/2000 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/6634498

この記事へのトラックバック一覧です: TVドラマ「危険な関係」11?/?/1999:

« 「週刊クンタキンヤ」10/4/1999 | トップページ | ローレンス・リー「ワールド・ビュー・トゥデー」~6/18/2000 »