2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 「環境と公共性」について考える② | トップページ | テーマ「何様のつもり」 »

2004年2月29日 (日)

ぼくの人生はいつ始まった

ぼくの人生はいつ始まった
 
 朝が終わらないうちに
 昼はやってくる
 柱時計が12回打つことが
 お昼のしるしだろうか
 ぼくの人生はいつ始まった?
 母の胎内にいたときには違いないけど
 人生の始まりを
 正確に知っている人がいるだろうか

 秋が終わらないうちに
 冬はやってくる
 森が緑をなくしてしまうことが
 寒さのしるしだろうか
 ぼくの人生はいつ始まった?
 秋が深まると物思いに沈みがちだけど
 人生の終わりを
 正確に知っている人を尋ねはしない

コメント:多分、1971年秋頃(15歳)に書いたものだろう。エルトン・ジョンの音楽に出会い、作詞のバーニー・トーピンの影響をじかに受けている。というより、訳詞をしていた今野雄二氏のセンスに、というべきか。詩人ではなく、Lyric Writer(作詞家)を目指していたので、字数を合わせることに腐心している。

« 「環境と公共性」について考える② | トップページ | テーマ「何様のつもり」 »

晴れた日には永遠が見える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/6634419

この記事へのトラックバック一覧です: ぼくの人生はいつ始まった:

« 「環境と公共性」について考える② | トップページ | テーマ「何様のつもり」 »