2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 「クンタキンヤは、キムラタクヤのアナグラムではない」書き下ろし | トップページ | 環境運動のめざすもの »

2004年2月 8日 (日)

「一九七二」

 人の記憶というのは、覚えているようでいて、結構自分勝手な思い込みであることが多い。その上、その思い込みを形作っている元の情報自体が、当時の噂だったり新聞の見出し程度なので、人の歴史認識はなかなか改まることがない。
 逆に言えば、歴史は後世の人の解釈や分析が加えられて初めて出来上がるものであるとも言える。著者が、自分の生きてきた時代に体験したこと見聞きしたことをもとに、当時の雑誌に直接当たり、考察しながら書き記すとき、そこに歴史の真実の一断面が見えてくる。
 共通の歴史意識を持たない若者たちと対話するための試みであると著者は書いているが、やはり私のような昭和30年代生まれの方が、懐かしさ以上のものを発見して得るものが多いと思う。「一九七二」という象徴的な年号は、人それぞれに、最も多感な年、14歳があったということなのだろう。それは日本という国にも。
  
               「一九七二」
                  坪内祐三著
                 文藝春秋刊 1890円

                       (8/24/2003)

« 「クンタキンヤは、キムラタクヤのアナグラムではない」書き下ろし | トップページ | 環境運動のめざすもの »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/6634157

この記事へのトラックバック一覧です: 「一九七二」:

» アル・スチュワート [TSUTAYA・ターンラウンド]
これも、1972年作品。スコットランドの王家出身だそうな。それで甘いマスクと内省的な声(?)。ビジネス的に成功しなくても、別にノー・プロブレムな人。 後に、『イヤー・オブ・ザ・キャット』と『タイム・パッセージ』が全米で大ヒット。名声と金も手に入れることになるが、 この『オレンジ』で歌われるのは、ありていに言えば、山崎まさよしの「One more time,One more chance」の世界であ〜る。日本では、ロックンロール・リバイバルだった1972年。その他いろいろについては、坪内祐三の『一九七... [続きを読む]

« 「クンタキンヤは、キムラタクヤのアナグラムではない」書き下ろし | トップページ | 環境運動のめざすもの »