2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

2017年9月23日 (土)

講演会終了

合志の近代遺産を学ぶ会の講演会、
「松田喜一先生と黒石原」
講師:岡村良昭さん(農業ジャーナリスト)
本日開催されました。
議会も昨日終わったが、同時並行で
ほぼ一人での準備はうまく行ったとは言い難い。
自分を入れて参加者21人。
お彼岸の中日で日程の設定が悪かったという指摘も。
学ぶ会の例会が第4日曜日ということになっていたのを
私の勘違いで土曜日にしてしまったのだが、
それでも根拠なく目標30人だったので、
ほぼ達成だろうか。



2017年9月22日 (金)

賛成討論

平成29年第3回定例会が閉会しました。
本日の議会運営委員会委員長報告に対する討論です。
意見書の提出が委員会で否決されたので、
提出すべきという原案に賛成するという意思表示です。

議席番号10番上田欣也です。
継続審査になっていました議員提出議案第6号
「森友学園疑惑、加計学園疑惑の真相究明を求める意見書」
について原案に賛成の立場から討論いたします。
委員長報告は、8月22日に開かれた議会運営委員会で
十分審議された結論であるとは思います。
しかし現実にはまだ疑惑解明には程遠いものがあります、
また事態も刻々と進行しています。
野党による憲法53条の規定に基づく臨時国会の召集に応じないまま、
ついに臨時国会開会冒頭解散の流れが出てきました。
通常国会閉会後に、真摯に説明責任を果たしていく。
謙虚に、丁寧に国民の負託に応えると明言してきた安倍首相が
その説明責任を果たしたと言えるのか。
そのことを私たちは問わなければなりません。
たとえ内閣支持率が上昇しても、それは国民の多くが
森友・加計学園問題に関して納得したことを意味しません。
この問題に関して、公文書管理による行政の継続性
正当性の証明という根幹部分がいかにないがしろにされたのかも含め、
国会の場で数々の疑惑の真相を明らかにすることこそが
国会として果たすべき役目ではないでしょうか。
国民の声、市民の声としてこの意見書を送ることに、
今ならまだ遅すぎることはありません。
ぜひ皆様のご賛同をお願いいたしまして、私の賛成討論と致します。

採決結果は賛成少数でした。



2017年9月20日 (水)

農友会実習所

下段は、ウィキペディアからのほぼ引用です。
9月23日(土)秋分の日に泉ヶ丘市民センターで、
「松田農場 松田喜一先生と黒石原」という講演会を
開催します。講師は農業ジャーナリストの
岡村良昭さんです。
何度も書いているかもしれませんが、
どうして合志市には国県等の公的施設が
広大な面積を占めているのか。占められているのか、
という歴史的な成り行きを明らかにしようというものです。
それは潜在的な成長を阻害していると思われていますが、
果たしてそうなのか。

○プロフィール
1887(明治20)年12月1日 - 1968(昭和43)年7月30日)
熊本県出身の日本の農業研究者・教育者・著述家である。
農業試験場技師時代に松田式麦作法を考案するなど、革新的な食料増産技術の発展に貢献。 自ら日本初の民間農業実習所を開き48年間に亘り生徒を受け入れ後進育成に献身するなど、明治から昭和にかけて日本の農業発展に貢献した。また、全国各地に赴き講演を開き農業技術・精神の普及に尽くした。実習所で直接教育を受けた生徒は約3,600名、講演で講習を受けた者は延べ約40,000名に及ぶ。その傍ら雑誌『農友』を自ら執筆、50年間に亘り刊行し、その他50冊におよぶ著書も執筆した。『農友』は毎号皇室にも届けられ、昭和天皇の巡幸、各皇族の視察を受けた。藍綬褒章・勲四等瑞宝章受章、従五位。「昭和の農聖」と謳われた。

2017年9月19日 (火)

当事者意識

2017年9月18日 (月)

日朝平壌宣言

日朝平壌宣言から17日で15年を迎えたという記事が
今朝の熊日「表層深層」にあった。
これを読むと、日本政府はこの1年、拉致被害者救出を目指し、
北朝鮮の金正恩体制と水面下で接触を続けたという。
核・ミサイル問題を巡り、北朝鮮への圧力を強める
米大統領と金正恩朝鮮労働党委員長との対話を仲介し、
拉致問題進展につなげるために、首相が今秋の訪朝を
考えていたという話。
なんで今、その情報が出てくるのか。
水面下をリアルタイムで表に出せないのは分かるが、
これまでは安倍首相が「拉致問題は最重要課題」と繰り返す
誠意のこもっていないとしか感じられない言葉しかなかった。
そのことの説明はなくていいのだろうか。
結果オーライでいいのか。


2017年9月17日 (日)

ラジオのニュースで

いつもの朝のように午前6時前に目覚め、
NHKラジオ第一のニュースを聞いたら、
なんと衆議院解散の報が流れた。
ムカつくとはこのことだ。
冷静になるために、なすべきことはなんだろう。
というわけで、いつものように
ラジオ体操をするために公園に出かけた。
長靴はいて、傘を差して。
人間は自分が正しいと思わないと
おそらく生きていけないと思います。
だから安倍首相も自分たちが正義だと思っているのでしょう。
多くの国民が政治を自分のこととして
考えるようになるには、
私たちはどうすればいいんでしょうか。



2017年9月16日 (土)

祖父の写真

昨日の続き。
どこなんだろう、ここは。

1505550218155

2017年9月15日 (金)

移民の歌

合志義塾の卒業生名簿には、
父方の祖父の名前もある。
名前だけなので確認はできないのだが、
どうも祖父の兄らしき名前がある。
祖父の兄は米国に移民で渡った。
子どもの頃、
ブリキのおもちゃをお土産にもらったことがある。
上田家の初孫で男の子だった私は、
当時期待の星だったようだ。
祖父は兄がアメリカに行ったので、
自分は満州だと考えたらしいが、小倉まで行って、
回りがヤクザ者ばかりだったのに恐れをなして
戻ってきたのだと祖母に聞いたことがあるが、
よく考えると、どうも時代的に合わないような気がする。
いずれにせよ、私が今の自分で生まれてこなかった可能性はある。
誰にでも大なり小なりある可能性だとは思うが。



2017年9月14日 (木)

冷やし中華のメモリー

久しぶりに熊日に投稿しようと思っている内に、
なんとなく季節を逸してしまった。
外は台風接近中の雨です。

冷やし中華を初めて食べたのは、
青学の学生会館地下大食堂(通称「学食」)で、
1年か2年の夏。
山下洋輔らが始めた「全冷中(全国冷し中華愛好会)」が
雑誌で話題になるよりも少し早かったような気もするが、
ちょうど1975年か1976年はそういう年だったのかもしれない。
ところで、その年の青学の学食の冷やし中華を超えるものに
私は出合ったことがない。
冷やし中華を他で食べたことがないということと、
初めて食した翌年の夏に同じ学食で食べた冷やし中華が、
前年のそれと似ても似つかぬ美味くないものだったからだ。

と、ここまで書いて、熊日に投稿するための文章を
書課なくてよかったと思っているところだ。
今日はもう集中力が途切れたので、このへんで。



2017年9月13日 (水)

Mr.道半ば

安倍晋三首相のインタビューが日経電子版(2017/9/12 23:05)
に載っていた。「高齢者向け給付が中心となっている社会保障制度を、
全世代型社会保障制度に改革していく」と強調しているが、
そのための幼児教育の無償化や高等教育の負担軽減などは
「財源がなければ実現できない」と指摘もしている。
「最後は私の責任で強い決意でしっかり財源を確保していく」
と明言したのだそうだ。19年10月の消費増税実施への決意だろうか。

こんなのもある。
憲法改正に関し、5月に20年の新憲法施行を目標に掲げたが
「まずスケジュールありきではない」と述べ、今後の改憲論議は
「党に任せたいと思っている」と語ったそうだ。

嘘でしょ、と言いたい気分だ。
本人の自覚なき嘘はウソではないのだろうか。


«大げさの鑑