2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

2017年6月23日 (金)

旧菊池医療刑務支所

今朝の熊日に旧菊池医療刑務支所の一部移設を
菊池恵楓園自治会を交え協議するという厚労省の方針についての
記事が出ていた。
その方向性は以前から耳にしていたが、
昨日の熊日に「現地保存活用を断念 一部園内移設の意向」
にその間の事情はよくまとめられていた。
識者談話として、敬和学園大教授の藤野豊さんのコメントが
肝心要を伝えている。引用すると、
「隔離のシンボルとして建物を残せるなら残したほうがいいが、
一番大事なのはなぜ国がその施設をつくったかという記録を
きちんと残し、後世に伝えることだ。そこがあいまいなまま
建物の保存にこだわっても、意味がない。国が医療刑務支所を
つくった理由や背景を示す公文書や記録をきちんと残し、
その意義を後世にしっかりと伝えていってほしい」

なぜ公文書や記録をきちんと残すことが大事なのか、
それをきちんと説明できなければいけない。
8月末まで菊池恵楓園社会交流会館で開催されている、
熊本大学の学生の研究発表でもある展示を見ると、
特別法廷と医療刑務支所のことがよくわかる。
森友学園、加計学園にまつわる疑惑も
実は公文書とは何なのか、その保存のあり方など、
わが国で疎かにされてきたことの末路でもある。

Dsc_1718

2017(平成29)年6月10日の菊池恵楓園医療刑務支所、少し離れて。



2017年6月22日 (木)

泉ヶ丘消防署前交差点

昨夜、泉ヶ丘市民センターからの帰り道。
泉ヶ丘消防署前交差点(私が個人的に命名)。


1498085879309.jpg

名前の通り、丘であることは間違いないが、
泉などどこにもないので、
両親が越してきた当初、このネーミングは詐欺に近いと思っていた。
ま、しかし開発した栄泉不動産の泉を取っているらしいので、
納得できないことはないが、自分がここに住むことになろうとは、
まったく思ってもみなかった。



2017年6月20日 (火)

自由討議

予算決算常任委員会。
何もかも初めてだが、今日は分科会長報告と
それに対する質疑。そして総括質疑の項目絞り込み。
自由討議で型にとらわれず議論が出来たと思う。



2017年6月19日 (月)

観光立国への道

昨年の4月27日付熊日の「争論」は、
「観光立国 実現するには」がテーマ。
小西美術工芸社社長のデービッド・アトキンソン氏と
跡見学園女子大准教授 篠原靖氏の2人が
それぞれの考えを述べているが、
共通しているのが「おもてなし」に効果がないという点。
正確にいうと、篠原准教授の場合「日本を初めて訪問する
動機にはならないだろうが、訪日外国人旅行者の
リピーターを増やす点では効果があるだろう」である。
アトキンソン氏はもっと辛辣だ。
「日本人自身の自己満足的な世界観という側面が
あるのではないか」
「(東京五輪・パラリンピック誘致でのアピール効果について)
おもてなしが素晴らしいと決めたのは日本人であって、
相手の外国人観光客がどう受け止めているか
という視点がない」
2020年に訪日外国人旅行者数4千万人という目標は
可能かという問いに対して、
「観光を第4の基幹産業と位置づけて進めれば可能だ」
と答えている。
関連して検索していたら首相官邸HPに
「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」
リンク があった。


2017年6月18日 (日)

ブックオフ・ストーリー

わりと新し目の新書等を数冊ブックオフに持っていった。
1刷100円にもならないが、
次の読者が選んでくれればいい話である。
しかしブックオフもビジネスとしてどうなのだろう。
コンビニではないが、なくなったら困る。
古書も売れなくなっていると聞く。
少子高齢化の影響はここでも現れてくると思う。
それは今の若者が本を読まないということに関係なく、
団塊の世代がかつて買って読んだ相当数の書籍が
そのうち処分されることを意味する。
というか、後生大事に取っておくという発想を
持たない人の方が多いなら別だが。
ブックオフの棚を久し振りに眺めてまわると、
書物の送る人生、ではなく何というのか、運命か、
いずれにせよ翻弄されるものである。
ただ、ブックオフの書棚に並んでいるということは、
一度は購入されたわけだから、まだ本としては
多少なりとその存在意義が認められたということになる。
食べられず消費期限が過ぎて処分される食品はどうだ。
そういう時代に生きていると言えば
それだけの話なのだが。


2017年6月17日 (土)

ISO50

6月14日水曜日夜

Dsc_1737


このブログについて(確認)

私はいま現職の市議会議員なので、このブログは、
そもそも(基本的に)私の議員としての活動や
議員として考えたこと、政治的な意見表明の場です。

私は合志市の議員なので、
市民の皆さんにはぜひ、アクセスいただきたいと願う。
しかし、いまどきブログの時代ではない。

もともと自分が書いた文章をネット上で公開し、
保存することを目的として始めたので、
アップすることに意義がある。
だが、議員としては啓発の手段でもあり、
広く合志市の現状などを伝えることが大事だと思う。

近くの家が解体中で、振動が震度2から3程度に感じられる。
わが家も含めて、近所の家はもうすぐ築40年になる。
熊本地震で被害を受けた屋根はもちろんのこと、
適宜水回りや床等の改修をやってきた。
わが家のことを考えることはそのまま、
他のみんなはどういう暮らしをしているのか、
ということにつながるだろう。

ちなみに、
「そもそも」は「基本的に」という意味だと
安倍内閣で閣議決定されたようなので、
わざわざ明記しています。


2017年6月16日 (金)

文教経済常任委員会

文教経済常任委員会。
今定例会から合志市議会も予算決算常任委員会で
予算を審議するようになったので、
分割付託ではなく分科会で分担して質疑等を行う。
上下水道のような特別会計は文教経済に付託されるのだが、
今回は繰越明許の報告だけだった。



2017年6月15日 (木)

風の便り第26号⑤

種子法廃止法案の成立に問題はないのか

4月21日付の全国農業新聞の記事に
14日に参院本会議で可決、成立した主要農産物種子法案
についての記事があった。
反対討論は民進党の徳永エリ氏の
「種子法の廃止は外資
も含めた民間企業の参入促進を図り、
企業利益を拡大させるためとしか思えない。
種子は国家戦略であり、公共のもの。
国の責任で守らなくてはならない。
決してビジネスの対象にしてはならない」と訴えたとある。

アグリ・イン・アジアというネットサイトによると、
農薬・種子業界のM&Aにより、昨年1年間で
業界の大手プレイヤーは6社から4社になったそうだ。
もともと「ビッグ6」 と呼ばれる6社(ダウ・ケミカル、
デュポン、モンサント、シンジェンタ、バイエル、BASF)
の寡占状態が続いていたが、
近年は穀物価格の下落などの影響により、
これら企業の収益は低調だったため
M&Aによる競争力強化の動きが2015年から始まった。

アメリカの化学大手2社のダウ・ケミカルと
デュポンが経営統合を果たし、農業関連の新会社を
設立すると発表したことを皮切りに
中国の化学メーカーである中国化工集団が
シンジェンタを約5兆円で買収。
そしてバイエルがモンサントを買収するに至る。

世界の種子業界が超巨大企業に支配されている中で、
日本も国策で対抗しようと今回の種子法廃止があったのだろうか。

参院農林水産委員会では都道府県予算への配慮や
種子の国外流出防止、特定事業者による独占防止などを
政府に求める附帯決議を採択したが、
シャープの例を持ち出すまでもなく、
民間企業は大手といえど、常に海外の企業に
買収されるリスクにさらされている。

◇こうし健康塾◇

1月から3月まで全7回のこうし健康塾
「血糖・コレステロールを下げるコツ」プログラムに
参加しました。これは特定検診の結果、
血糖値・コレステロールが基準値よりも若
干高めの人を対象にしたもので、
20人ほどの参加がありました。
血糖・脂質を下げる食事と運動のコツを学び、
御代志市民センター講堂でエクササイズをやりました。
仲間と一緒の活動というのも大事です。

6回目に行われた血液検査の結果、
血糖とヘモグロビンA1cは、わずかに増加、
LDLコレステロールと中性脂肪は減少という結果。
体重は少し減りましたが微妙な数値。
ラジオ体操もそうですが、いつかやろうではなく、
今日から始めよう。そして続けることが大事だと思いました。

こうし健康塾は今年度は実施されませんが、
ウエルネスシティこうしの事業に引き継がれます。
(了)


2017年6月14日 (水)

重監房資料館について

重監房資料館→リンク

誰かが検索していたので、
久し振りに思い出して読んでみた。
これはハンセン病に関する私の黒歴史である。
当時のこの考えをネットに上げるに当たって、
私に忠告してくれた友人もいたのだが。
生半可な思い込みで書いている。
ハンセン病の隔離政策を止めることができなかった、
その本質には始めたらなかなか止めることができない、
たとえばダム建設事業に似たところがあることはあるが、
それとこれとは違う。この文章はひどい。
重監房の復元は国の政策の過ちの告発に始まっている。
本当に恥ずかしいが、その自分の過ちを忘れないために、
やっぱり残しておくしかない。


«風の便り第26号④